新幹線で自由席の切符を買うといろいろお得で自由な件

(未評価です。)
train
この記事は約 3 分で読めます。

新幹線には移動時間すら楽しめる自由席が実はオススメ

遅刻できない時こそ自由席

仕事で出張、行き先でスケジュールを詰め込んだ旅行、もちろん遅れることはできませんし到着まではスムーズに行きたい。

そして行き先でめいっぱい動く為に行き帰りは時間通りに、、、当然です、、いや、当然だと思っていました。

新幹線の自由席と指定席の値段もそんなに変わらないのですが今回違った形で大阪から東京に自由席に行ってきました。

遅刻できないので本来の予定の2時間前に新大阪駅に到着

sinosaka

立ち移動のリスクを回避する

これはあたりまえの話ですが自由席なのでもちろん席の保証はありません。

ですが便は自由なのです。

新幹線の1日の運行本数はなんと10本以上/時間、最大4分に1本が往来しており、早く到着しているので乗り損ねもなんのその、座れる事を確認して次の便に乗車しました。

どの便でもOKなので途中下車を楽しむ

とりあえず名古屋でおりてみる

改札をでなければいいので駅構内を散策、大阪に戻った時に晩酌できるようにとこんなものを買ってしまいました。

teba

続いて新横浜

東京に到着後にすぐにお客様の所へ行く予定があったので新横浜駅では駅弁を購入、東京到着までに少し奮発して真ん中のお弁当をペロっと食べてしまいました。

ekiben

東京に時間の30分前に到着

ゆっくりブラブラしながらでも結局30分前に到着したので時間にかなり余裕を持った状態でした。

tokyo

新幹線正規料金

東京-新大阪

座席 料金
普通車自由席 13,620円
普通車指定席 14,450円
グリーン車 19,230円

東京-博多

座席 料金
普通車自由席 21,810円
普通車指定席 22,950円
グリーン車 30,080円

新大阪-博多

座席 料金
普通車自由席 14,480円
普通車指定席 15,510円
グリーン車 21,270円

快適な新幹線の自由席での方法とメリット

  1. 隣の席に変な人やイビキのうるさい人、酒盛りをしだす人が座っても移動できる
  2. 時間をずらせるため、駅構内に限定すると乗り降り自由でおみやげや食事にバリエーションができる
  3. 少しだけ切符代が安い

本数の多い新幹線で立ち移動のリスクさえ回避するとこんなにメリットが!

いかがでしたでしょうか。

京都や名古屋で乗車など、途中駅から途中駅の移動には寄り道場所も少なく、立ち移動のリスクが高まりますので自由席より指定席のほうが向いているかもしれませんが、新大阪や東京、博多なんかの終点から終点を行き来するような出張や旅行なら自由席でゆっくり行ってみても面白いですよ。

シェア!

(まだ評価されていません)