【今、試したいダイエット方法vol.3】ふくらはぎ痩せダイエット

Rating: 平均:5 総合:5
MIMIYAKO85_namitosunahama20140726_TP_V
この記事は約 3 分で読めます。

理想のふくらはぎを作るには

今、試してみたいダイエットシリーズ第三弾は「ふくらはぎ痩せダイエット」です。脚の中でも露出する機会が多いふくらはぎが細くなるメゾットを原因別にご紹介します!

太いのではなく、むくんでいるだけ?!

意外と多いのが原因がむくみであるということ。脂肪がついているのではなくかなりむくんでいて太く見えている場合もあります。むくみは侮ってはいけなくて、むくんでいるとダイエットや運動をしても全く意味がないんです。そんな時にオススメなのが「リンパマッサージ」

むくみを取るために必要となのは、血液の流れを良くしてあげて、リンパの流れを良くすることです。リンパマッサージをすることによって、リンパの流れが良くなっり更に血液の流れも良くなります。

また塩分の多い食事でもむくみが起こるので塩分の多い食事は気をつけましょう。

まずは原因を探る

太い原因が脂肪なのか筋肉なのかは簡単な方法で判断できます。
まず座ったままでふくらはぎをつまみます。そして立ち上がるときにつまんだまま立ち上がれた場合、残念ながら指の間に残っているそれは脂肪です。つまめなかった場合は筋肉が原因となります。

太さの原因が筋肉

太さの原因の筋肉は無酸素運動で表面についた「アウターマッスル」これはケアを怠ると意外と厄介です。なぜかというと乳酸がたまっている状態だからです。乳酸は、筋肉を使うと発生する疲労物質で、蓄積されると筋肉が硬くなり動きが悪くなります。すると身体は、筋肉量を増やして総体的に乳酸の割合を減らそうとします。その結果、筋肉が増える→運動→前回より多くの乳酸が発生→筋肉が増える→運動→乳酸の悪循環がどんどん筋肉を発達させることにつながります。

そんな筋肉太りを解消させるポイントは

  1. 太もも、ふくらはぎをほぐす

    こぶしを作り、両手でトントンとリズミカルに太ももとふくらはぎをたたきます。痛気持ちいいくらいの強さで行いましょう。筋肉が張り出すようにつきやすい前もも・外もも・ふくらはぎの外側は特に入念に。

  2. ヒップをほぐす

    カタいお尻をほぐすにはテニスボールを使ったマッサージがオススメ。仰向けになり、右のお尻の下にボールを置いてお尻を上下左右に動かしながらボールを転がして。右のお尻をまんべんなくほぐせたら左も同様に行いましょう。痛みを感じる部分は老廃物が溜まっている証拠です。

どちらも毎日継続的に根気強く行うことが大切です。

太さの原因が脂肪

この場合は脂肪を燃焼させることがとても重要になってきていますので、運動が必要となります。しかし運動の方法によってふくらはぎが細くならずに太くなる場合がありますのでご注意を。
 ランニングなどの走る運動はタブー
これは筋肉がつく運動になってきてしまうので、脂肪燃焼するけれどもその代わり筋肉がつき太くなってしまいます。
 激しくなく脂肪燃焼するつま先上げ下げ運動がベスト!
つま先上げ下げ運動は激しくないので筋肉もつかず、脂肪も燃焼するのでうってつけのエクササイズです。

キレイなふくらはぎを手に入れる

今回はきれいなふくらはぎを手に入れるためには、自分の足がどんな理由で太くなっているのかを知るところから始めることが大切なんですね。原因に合わせた適切な方法でダイエットを行うとむやみにするよりも結果が出そうです。手間やお金がかからない方法ばかりなので、忙しい方でも無理なく行うことができるので是非、習慣化し、ふくらはぎの悩み解消にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シェア!

(1 投票, 平均点: 5.00)

ABOUTこの記事をかいた人

けいてぃむ

kasekoの前職の後輩です。kasekoにしか『けいてぃむ』と呼ばれることはありませんが女子力向上、そして皆様へ得たものを少しでも共有できたらという思い、ついでに『けいてぃむ』という名前の浸透を目的に日々いろいろお勉強して書いてます(o´艸`)