安眠は寝具から!間違えないマットレス選び!

Rating: 平均:4 総合:8
matict
この記事は約 3 分で読めます。

最近ちゃんと眠っているのに朝起きてもなぜだか眠った気がしない…一日中眠くて何事にも集中できない…寝起きは腰が痛い…などのお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
安眠できない理由はいろいろとありますが、手っ取り早く対策をとるには寝具選びから始めるのがオススメですよ!今回はそんな寝具の中で『マットレス』にスポットを当てて、ご紹介したいと思います!

マットレスの役割って?

youtuu
人があお向けになって寝るときは、頭、背中、腰、足の4箇所に重みがかかります。その中でも腰には全体重の44%もの力が加わるそうで、マットレス選びを慎重にしないと腰に負担がかかり腰痛などの原因になったりします。
体に合ったマットレスは体圧を分散させ体の負担を軽くすることができます。マット選びはできるだけ体全体に圧を均等に分散させることができるものを選ぶことが重要です。

マットレスの種類

今のマットレスが体に合わないからと言っても何を選べばいいのか中々わからないですよね。また、安い物でもないし、場所をとるものだから失敗した時のダメージも大きいし…『マットレス』選びにはどんなマットレスの種類があるのか知っておくことが重要です。

スプリングタイプ

bane
スプリングタイプのマットレスは何種類かありますが、基本的にマットレス内にスプリングを敷き詰めたものとなります。
このタイプの『マットレス』は普通~固めの物が多く、寝た時にしっかりと体を面で支えるので、柔らかいマットレスが苦手の方にはお勧めです。価格帯はシングルサイズで1万円~5万円程度の物が多く、硬い寝心地が好きな方はスプリングタイプから入るのがいいかと思います。

低反発マットレス

低反発マットレスは元々NASAで考案された衝撃吸収素材です。重みに反応してゆっくりと沈み込み、柔らかく体を包み込んでくれるのが特徴です。
低反発マットの特徴は体の圧迫が少ないので、寝返りが減り睡眠の質が安定すると言われています。ウレタン素材の物は通気性が悪く夏暑いのがデメリットです。

高反発マットレス(樹脂)

網目繊維構造が採用された高反発マットレスは、有名アスリートが使っていることもあり、近年爆発的人気があります。
このタイプのマットレスの特徴は、体圧を分散し理想的な寝姿勢が保てるうえ、適度な硬さが寝返りを補助してくれることです。また通気性が高く夏は涼しいのに、冬は空気のせいで暖かいのも人気の理由です。腰痛持ちの方には特におすすめできるマットレスですが、値段が高いのがデメリットです。質の良いものは安い物でも3万円程度で、有名メーカーの物は数十万円するものもあります。

まとめ

今回は『マットレス』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?
マットレスは自分の体に合わないものを使用していると安眠の妨害になるだけでなく、腰痛などの体の不調も引き起こします。かといってどれが自分に合ったものなのかを判断するのは素人には難しいですよね。マットレス選びは実際に店に運んで念入りにチェックしてもわかりにくいものですので、『お試し期間』を設けているお店で購入すれば安心できるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

シェア!

(2 投票, 平均点: 4.00)

ABOUTこの記事をかいた人

けいてぃむ

kasekoの前職の後輩です。kasekoにしか『けいてぃむ』と呼ばれることはありませんが女子力向上、そして皆様へ得たものを少しでも共有できたらという思い、ついでに『けいてぃむ』という名前の浸透を目的に日々いろいろお勉強して書いてます(o´艸`)