iPhoneの充電を長持ちさせる裏ワザを試してみた

Rating: 平均:3 総合:6
jyuict
この記事は約 3 分で読めます。

充電が減って困る!を解決

ここ数年は。携帯電話があればメール電話だけでにとどまらず音楽も聞けるし、地図も見られるし、なんでもできますよね。なんでもできるゆえ酷使してしまします。ポケットチャージャーを携帯していれば問題ないですが、それでも最初の充電が長持ちしてくれたら嬉しいですよね。そこで今回は、巷で良く言われている充電長持ちの裏ワザの一部を一覧にまとめてみました!(今回はiphoneだけです)

ip01

自動ロックの時間設定を短めに

「設定」→「一般」→「自動ロック」で画面が消灯するまでの時間を選択。節電を意識するなら1分くらいがおすすめだそうです!
これを実際にやってみると、最初は1分って短いかな…と心配していましたがそんなことは杞憂でした。クックパッドを見て料理をするなど、画面をずっと表示しっぱなしにしないといけない場合以外は全く問題なく節電でき大満足でした。

ディスプレイの明るさは控えめに

「設定」→「明るさ/壁紙」で明るさを調節。明るい画面はかなりのバッテリーを消耗します。「明るさの自動調節」をOFFにすればさらに節電効果大!
これを実際にやってみると、お昼間の外で暗い画面は見づらいなと感じることもありましたが、家やオフィスで使用する分には全く問題なくGOODです。

WifiをOFFにする

「設定」→「Wifi/OFF」Wifiを使用しないときはこまめにOFFに!
これもよく忘れてしまいますよね。めんどくさいのでONのままで過ごしていることが多かったので、劇的に充電の持ちが長くなりました。なんでもWifiをONにし続けるとずーっと電波を探しているとのこと…。それは充電が減りますね。

他にも、BluetoothをOFFにすることや位置情報サービスをOFFにする、電波のないところでは機内モードにする、バックグラウンドアプリは消すなどまだまだ方法はたくさんあるので、また追ってご紹介します!

まとめ

今回は、iPhoneの充電を長持ちさせる裏ワザをご紹介してきました。いかがでしたか?割と手間が掛からずにできるものも多かったですね。今日から実践する価値があるかもしれません。筆者もユーザーなのでこの調子でを実践していきたいと思います!ぜひ、これらを習慣化して、節電&長持ちさせてみましょう!

シェア!

(2 投票, 平均点: 3.00)

ABOUTこの記事をかいた人

けいてぃむ

kasekoの前職の後輩です。kasekoにしか『けいてぃむ』と呼ばれることはありませんが女子力向上、そして皆様へ得たものを少しでも共有できたらという思い、ついでに『けいてぃむ』という名前の浸透を目的に日々いろいろお勉強して書いてます(o´艸`)