マンションを借りるときにお得な物件をGETするには?

Rating: 平均:3.5 総合:7
hikosi
この記事は約 3 分で読めます。

皆さんは引っ越しをしたいなと思ったときに何を気を付けていますか?どうせ借りるマンションですから立地もよく、できるだけ安く借りることが出来れば最高ですよね?
今回は、不動産屋さんで良い物件を探すときに気を付けるポイントをご紹介します。

時間に余裕がある場合は安い時期を狙おう!

jiki
これはよく言われている事なので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。
引っ越しにはやはり引っ越しをする人が「多い」時期というものがあります。3月や4月、7月・8月は進学や転勤の移動が多いため、物件を探す人も多く不動産屋さんも強気で営業をしています。気に入った物件を見つけてしまうと逆に「すぐなくなっちゃいますよ!」と焦らされることもしばしば。
なので、物件探しは「5~6月」や「10~11月」に行いましょう。この時期は引っ越す人が少ないので、家賃交渉などにのってくれる場合も多く、ワンランク上の物件を借りることができるかも。

とにかく安く借りたい人には...

jiko
引っ越しする時には、家賃以外にも敷金や礼金、引っ越し代と予想以上にお金がかかるものです。
予算の関係で、とにかく費用を抑えることができれば何でもいいという人には「事故物件」を指定するなんて方法もあります。
「事故物件」とは、「全入居者が賃貸借契約の対象となる物件で死亡(殺人・自殺・事故死など)した経歴のある物件」です。「事故物件」は元々、次の入居者が借りれば、次から「事故物件」と伝えなくてよいと言われていて、短期間だけ格安で貸して、次から何事もなく貸すということが多かったみたいです。しかし、最近の不動産業界では事故物件の告知義務は消滅しないと言う認識に変わってきているため、上記のような広告はあまり見なくなったのではないでしょうか?
そこで、「事故物件でいいから安い物件を出して」と不動産屋に自分から言えば格安の物件に出会える可能性が高いです。

不動産屋に行くときは小奇麗な恰好が良い

kogirei
これは意外かもしれませんが、不動産屋に訪れる場合、服装は重要です。
遊んでいそう、だらしなさそうなどの印象を与える服装のばあいそれだけで貸し渋られることもあります。清潔でまじめな印象を与える服装であれば、家賃もちゃんと払いそうだなと親身に良い物件を探してくれて、安くなるかもしれません。

まとめ

今回は、マンションやアパートの物件探しで気を付けるポイントをご紹介しましたが、お役に立ちましたか?
不動産屋に行った時には最初の印象がとても肝心です。相手も人間ですので、不快な印象を与えるよりは、好印象を与えるほうがやはりいいですよね。また、家賃希望を伝えるときは、ワンランク下の設定で伝えるようにしましょう。予算より上の物件を出す場合は、相当なメリットがないと進めてきませんし、すすめられた場合は、自分の最大予算の中では最良の物件の場合が多いですよ!

シェア!

(2 投票, 平均点: 3.50)

ABOUTこの記事をかいた人

けいてぃむ

kasekoの前職の後輩です。kasekoにしか『けいてぃむ』と呼ばれることはありませんが女子力向上、そして皆様へ得たものを少しでも共有できたらという思い、ついでに『けいてぃむ』という名前の浸透を目的に日々いろいろお勉強して書いてます(o´艸`)