マスクの着用が肌荒れの原因に?知っておきたい肌荒れ原因や対策をご紹介!

Rating: 平均:5 総合:5
masukuareict
この記事は約 5 分で読めます。

新型コロナウイルスが世界中で問題となっている今、外出時にはマスクを必ず着用するように求められています。日本国内では、昔からマスクを着用する方が多かったのですが、今までマスクなど使用していなかった方であっても、当たり前のように使用するようになっています。

このような状況もあり、赤みやかゆみ、ニキビなどの肌トラブルを抱えてしまう人が急増していると言われているのです。そこで今回は、マスクを着用することで、なぜ肌トラブルが生じてしまうのや、予防するためにはどうすれば良いのかについてご紹介したいと思います。

マスクの着用でなぜ肌荒れが起こる?

それではまず、マスクを着用することで、なぜ肌荒れが起こってしまうのがについてご紹介していきましょう。最初に言っておきますが、マスクを着用すれば、誰もが肌荒れをおこすというわけではありませんよ。あくまでも、「マスクの着用で肌荒れする人がいる」というだけですので、肌荒れを恐れてマスクの着用を辞めてしまう…なんてことはないようにしましょう。

一般的に、マスクによる肌荒れは以下のような事が原因と言われています。

マスクと肌の摩擦

マスクの着脱時やズレを直すときには、マスクの繊維と肌が擦れてしまいます。マスクと肌の摩擦が起こると、角層表面が削られることで、肌のバリア機能が低下してしまうと言われているのです。したがって、肌がデリケートな状態になってしまい、ちょっとした刺激で赤みやかぶれ、ニキビなどをおこしやすくなってしまうと言われています。

マスク内が蒸れる

マスクを着用した際、マスク内は呼気が充満することになります。そのため、マスク内は温度や湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい状況になるのです。さらに、汗や皮脂も増えることから、ニキビや吹き出物がでやすくなってしまうと言われています。
最近では、マスクの着用でアクネ菌が増殖してできるニキビに関しては、「マスク(mask)」と「アクネ(acne)」を組み合わせて「マスクネ(maskne、mascneなど)」などと言う造語で呼ぶようになっているそうです。

マスク着脱による温湿度の変化

一日中マスクを着用することが多くなっている状況ですが、一度もマスクを外さない…なんてことはありません。例えば、仕事中に飲み物を飲む、食事をとるなどと言った感じに、何度もマスクの着脱を繰り返します。
このようなマスクの着脱が肌荒れの原因になると言われているのです。例えば、マスクを外すと内部の湿気が急激に蒸散するのですが、この時には肌内部からも水分が奪われてしまいます。そのため、肌の乾燥が進んでかさつきやごわつきなどのトラブルに発展するのです。

ある化粧品メーカーによると、マスクの着用により、ただでさえ角層が弱っている所に、マスクの着脱で温湿度が急激に変化することがバリア機能低下に拍車をかけ、肌荒れの元になると説明しています。

マスク繊維からの刺激

肌があまり強くない人であれば、マスク素材に肌が負けてしまい、赤みや痒みが出てしまう…というケースも多いようです。さらに最近では、洗うことで繰り返し使用できるマスクが登場しているのですが、こういったタイプを使用している方の中には、繊維に残存した洗剤成分の刺激によって肌荒れをおこしてしまう…といった場合もあるようです。

マスク着用による肌荒れを防ぐには?

それではここからは、マスク着用による肌荒れを防ぐための対策についてご紹介していきましょう。新型コロナウイルス問題が収束していない現状では、肌荒れを気にしてマスクの着用を辞めることなどできません。したがって、普段の生活の中できちんと肌荒れ予防に力を入れていきましょう。

丁寧なスキンケア

外出時にマスクを着用する現在では「マスクで肌が隠れるから」などと、普段のスキンケアを疎かにしている方も多いです。しかし、そのような状態では肌のバリア機能が低下して、ますます肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。
したがって、帰宅した際には、メイクや肌の汚れを優しく洗い流し、肌を清潔に保つようにしましょう。さらに、刺激の少ない基礎化粧品を選んで保湿ケアを行うなど、各層の潤いバリアを健やかに保つのが大切です。

擦れる部分はワセリンを塗る

マスクを着用すると、赤みがでやすい部位がある…などと言う方は多いでしょう。例えば、ほおや鼻、顎や耳の後ろなどはマスクと擦れて赤くなりがちです。したがって、「この部分がよく赤くなる…」といった場所が分かっている場合、あらかじめワセリンを塗っておくなどの対策をするのがオススメです。ワセリンは肌表面に保護膜を作りますので、外からの刺激を和らげてくれます。

マスク内を清潔に保つ

マスクを着用していると、どうしても高温・高湿になりますので、汗をかいてしまいます。この状態を放置してしまうと雑菌が繁殖して肌トラブルが起きるのです。したがって、マスク内を小まめにウェットティッシュなどで拭くなど、清潔に保つようにしましょう。可能であれば、再度マスクをつける時には肌の保湿ケアをすると良いですよ。

マスクを変えてみる

最近では、マスクもさまざまな種類のものが登場しており、中にはあなたの肌に合わない素材が使われているものもあるのです。したがって、マスクを変えてみると、肌への刺激が和らぐということもあるのです。不織布マスクが肌に合わない…という方も意外に多いですので、そういった場合にはガーゼやコットンなど、柔らかい素材のものに変えてみるのも一つの手です。
なお、綿ガーゼやシルクなど、天然素材のマスクは肌さわりがソフトで吸湿性があるためオススメです。

まとめ

今回は、マスクが原因となる肌荒れについてご紹介してきました。今年になって、突然世界中を混乱に陥れた新型コロナウイルス問題ですが、有効な感染予防対策としてマスクの着用が推奨されています。最近では、外出時にマスクをしていないだけで白い目で見られる恐れがあるなど、人が密集するような場所であればマスクの着用が義務のようになっています。

もちろん、感染症対策ですので、できる限りマスクの着用を心がけるようにしてください。しかし、中にはマスクを常に着用することで肌トラブルを抱えてしまう方もいますので、この記事でご紹介した内容は頭に入れときましょう。

シェア!

(1 投票, 平均点: 5.00)