女性の一人暮らし!台風直前に行いたい身を守るための安全対策について!

Rating: 平均:5 総合:5
taihu-mado
この記事は約 6 分で読めます。

日本は、諸外国と比較しても、台風や地震など、自然災害が非常に多い国として有名です。さらに最近では、集中豪雨による水害が頻発しているなど、どこに住んでいても、災害への備えはしておくに越したことはないと言われています。

それでは、女性が一人暮らしをする際、台風などの自然災害から身を守るためにはどうすれば良いのでしょうか?女性の一人暮らしは、セキュリティ設備などを重視する方が多いため、鉄筋コンクリート造のしっかりした構造のマンションなどに住んでいる方が多いことから、「私はマンションの高層階だし関係ない」と油断してしまっている方も多いです。しかし、そのような油断から、台風の強風で窓が割れて飛散してしまい怪我をしてしまうなど、災害による被害を受けてしまう人が少なくないと言われています。さらに、高層階に住んでいると、停電で避難ができなくなってしまう…なんて恐れもありますし、決して他人事と考えてはいけません。

まずは、ネット通販などで、非常用バックなどを購入して、いきなりの停電でも、しばらくは安全を確保するためのアイテムを用意しておくのがオススメです。そして、台風は、地震と異なり、被害が出やすい日時などが事前に確認することができますので、ここでは台風直前に行いたい安全対策をご紹介します。

台風に備えて!アパートやマンションなどでの直前対策

それでは、一人暮らしの女性などが、台風直前に行っておきたい安全対策をご紹介します。台風の大型化が進んでいると言われる近年では、安全性が高いと考えられる頑丈なマンションなどでも、飛来物によって大きな被害が生じてしまう…なんてことも多いです。したがって、天気予報などを随時確認し、最も台風が近づく前に、窓やベランダの安全対策をしておきましょう。

ちょっとの対策があなたの身を守るための重要なポイントになるかもしれませんので、以下のような対策を行っておきましょう。

ベランダや部屋の周りを片付ける

台風は強風と大雨を伴う自然災害で、強風は非常に強い力を持っています。テレビのニュースなどで見たことがあると思いますが、台風の強風は、自動車を横転させてしまうようなパワーを持っており、家の周りの小さな物が凶器に代わってしまうのです。
したがって、台風が近づいてきているとわかった時には、ベランダなどに置いている風に飛ばされそうなものを室内に片付けておくのがオススメです。物干しざおなど、強風で飛びそうにない…と思うものが風に煽られて窓に当たり、窓ガラスを割ってしまう…なんてこともありますので、こういったものは外しておくようにしましょう。
なお、屋外に洗濯機などを設置している場合、さすがに動かすことはできませんし、しっかりと固定されているかだけ確認しておきましょう。

窓部分の補強

台風では、何か飛ばされてきた物が窓に当たり割れてしまう…、もともとひび割れがあったのにそれを放置していて風圧で割れてしまう…なんてことがありますので、養生テープなどを使って、窓ガラスの補強をしておきましょう。また、サッシ部分のコーキングが劣化していると、そこから水が侵入してしまい、雨漏りしてしまう恐れがあります。こういった小さな劣化を放置して、台風で大きな被害が生じてしまうと、そこに住んでいる人の責任になってしまいます。したがって、劣化を見つけた時には、すぐに管理会社に報告し、どういった対処をすべきか指示してもらいましょう。そうしておけば、強風で窓が割れた場合、家主側の保険で対処してもらうことが可能です。
また、強風の影響が最も強くなるときには、カーテンなどは閉めておきましょう。補強しても割れてしまう場合はありますので、室内までガラスが飛散しないようにする対策になります。なお、最近の賃貸物件は、窓シャッターが付いている部屋も多いのですが、そういったものがあればシャッターを閉めておきましょう。

生活用水の確保

自然災害によって大きな被害が生じてしまうと、停電・断水などの被害が出てしまう場合があります。したがって、台風の影響が最も強くなる前に、お風呂の浴槽に水をためておくなど、生活用水を確保しておきましょう。
飲料水などについては、ペットボトルの水を備蓄しておき、夏場などであれば、何本か凍らせておくのがオススメです。ペットボトルの水を凍らせておけば、保冷材としても役立ちます。

暴風域にいる時の対処

最後は、台風が実際に上陸した時の対処についてです。よくある話で、「田んぼの様子を見に行く…」といって行方不明になる…なんてことがありますね。これは、台風による強風と大雨で、普段歩きなれているような道でも全く様相が変わってしまうことが原因です。普通に考えれば落下しないような用水路でも、視界が悪いことから足を踏み外すなんてことが考えられるのです。

したがって、台風が上陸して、強風や大雨の影響がある時には、頑丈な建物の中に避難しておくのが最も良いです。ここではいくつかのポイントをご紹介しておきます。

外出しない

台風が上陸するとわかっているのであれば、外出しないという対策が最も安全です。
外に出てしまうと、道路が冠水していたり、強風にあおられて街路樹が倒れてきたり、普段では考えられないような危険があるのです。したがって、よほどのことがない限り、台風が通り過ぎるまでは家の中にいるようにしましょう。

地下はNG

台風の様な大雨を伴う自然災害は、地下にいるのは危険です。できるだけ高い位置に避難するようにしましょう。
皆さんもTVなどで見たことがあると思うのですが、『想定外』と言われるような大雨が降ると、地下へつながる階段に水が集まるようになり、まるで滝のような状態になってしまいます。そのため、大雨が降り始めてから避難しようにも避難できない…なんてことになりかねませんので、台風が上陸する前に地下からは避難してください。

用水路やマンホールも危険

台風で大雨や強風があるなんて場合、海や川にわざわざ近づこうとは思わないですよね。しかし、実は、大雨を伴う台風では、身近にあるマンホールや用水路が非常に危険な存在なのです。

というのも、大雨の影響で、普段は蓋などがされているものが、流されていた…なんて場合があり、そのせいで用水路に落下してしまうなんてことがあるのです。こういった事からも、台風で視界が悪い…なんて場合、外出は控えるようにしましょう。

エレベーターが停止してしまう危険がある

台風は、送電線が切れてしまい、大規模停電が発生してしまう…なんてことも多いです。したがって、エレベーターなどを使って避難していると、突然停止して閉じ込められてしまう…なんて恐れがあるのです。
階段が使えるような施設であれば、できるだけ階段で避難するのがオススメです。

山の斜面から離れる

台風や集中豪雨などでは、テレビのニュースなどでも「土砂災害警報」が盛んに流れていますね。これは、雨で大量の水を含むと、山の斜面が一気に崩れてしまう危険があるからです。
台風の時は、できるだけ家の中にいるようにと説明しましたが、山の斜面に面した場所にお住まいがあるなんて場合、そこにいる方が危険とも考えられますので、自治体が用意している避難所に行きましょう。
普段から、ハザードマップで自分が住んでいる地域の土砂災害の危険度をチェックしておけば、どういった対応をとればよいのかがわかると思います。

まとめ

今回は、一人暮らしの方が知っておきたい、台風時に身を守るための安全対策についてご紹介しました。この記事でご紹介したように、大雨と強風を伴う台風は、頑丈なマンションに住んでいる方でも、安全とは決して言えないのです。

そして、台風は毎年必ずやってくる災害ですので、自分の身を守るためにも、どういった対処をすれば良いのかの知識は持っておきましょう。特に、近年の台風は、どんどん大型化が進んでいると言われていますので、慎重すぎるぐらいがちょうど良いはずですよ!

シェア!

(1 投票, 平均点: 5.00)