冬は洗濯物が乾かない!冬場に乾きにくい原因とその対策について!

Rating: 平均:5 総合:5
sentakuict
  • 表示するものががありません
この記事は約 6 分で読めます。

今回は、冬場に悩んでしまう方が非常に多い家事についてご紹介していきたいと思います。冬は、水道から出てくる水もとても冷たいので、とにかく家事が嫌な時期だな…と感じる方が非常に多いと思います。しかし、そうはいっても毎日ご飯を食べればそれなりの洗い物が出てきますし、我慢して家事を行っている方が多いのではないでしょうか。

そして、冬場に多くの方を困らせてしまう家事に洗濯がありますよね。近年では、乾燥機付きの洗濯機を利用する方も多いのですが、外に干して乾かした方が好みだという方も多く、乾燥機は利用していないという方も珍しくありません。そして、真冬になると、晴天の日だとしても洗濯物が乾かなくて困ってしまう…ということが非常に多くなるのです。

そこでこの記事では、冬場に洗濯物を手早く乾かすための対策について考えてみたいと思います。

冬に洗濯物が乾かない理由

それでは、冬場に洗濯物が乾かなくなってしまう原因についてご紹介していきましょう。冬に洗濯物が乾かない最も大きな原因は『温度が低い』と言うことがあげられます。

洗濯物が良く乾く条件は、「温度が高く、湿度が低い」という状態がベストです。冬は、乾燥しているというイメージなのですが、気温が非常に下がってしまうことから、洗濯物が乾きにくい状態になってしまうのです。夏場などは、気温が非常に高いことから、洗濯物が含んだ水分が蒸発しやすくなり、さらに気温が高い事で空気中に取り込める水分量が多くなることから洗濯物が乾きやすくなるのです。

冬場はこの逆で、空気は非常に乾燥しているというイメージですが、気温が低いことから空気中に取り込める水分量が少なくなってしまいます。そのため、洗濯物を干した時点で高湿状態になってしまい、非常に乾きにくい状況が作られてしまうのです。
したがって、冬場でも外干ししたい人が多いのですが、基本的には部屋の中で洗濯物を干すのがオススメです。なお、部屋干しすると、洗濯物の周辺に湿気がこもってしまい、乾きにくくなるので、空気を循環させる必要はあります。

どうしても外干ししたい場合

上述したように、気温が低い冬場は、外干しでは洗濯物が非常に乾きにくいです。これは、空気が乾燥しているとはいえ、気温が低いことでそもそも空気中に含める水分量が少なく、乾きにくい状況になっているからですね。

この状況を理解した上でも、外で干したいと考えるのであれば、それなりに気温が上がり、湿度が低くなる10時~15時の間を狙って外に干すようにしましょう。15時以降になると、洗濯物が湿気を吸い込んでしまうようになるので、「まだ明るいけど…」と思っても、洗濯物は室内に取り込みましょう。

なお、洗濯物を干すときには、それなりに間隔をとっておかなければならないので、量が多い場合、無理にすべてを外に干さず、部屋干しも併用するのがオススメです。

冬に洗濯物を乾かすコツ

それでは、気温が下がってしまう冬場に洗濯物をきちんと乾かすためのコツについてもご紹介しておきましょう。

除湿機や暖房を使う

上述したように、洗濯物を乾かすには「温度が高く、湿度の低い」という条件がベストです。このような状況は、「冬では無理でしょ…」と思うかもしれませんが、室内であれば、家電の力を使って、この状況を作り出すことができますよね。

例えば、洗濯物を干す部屋に暖房をつけておけば、部屋の温度を上げてくれますし、適度に除湿もしてくれます。なお、除湿機も併用すれば、より洗濯物が乾きやすい状況を作ることができます。
家に除湿器が無い場合、洗濯物の下に除湿剤として重曹や新聞紙を置いておくだけでもかなり違いますよ。重曹は、その後掃除に使えますので、無駄になりません。

サーキュレーターなどで空気を循環させる

冬場に洗濯物が乾きにくいのは、気温が低いことから空気中に取り込める水分量が少なくなるからです。このせいで、洗濯物を干すだけで、その周辺は高湿状態になってしまい、洗濯物を乾かすのに適さない状況になってしまう訳です。したがって、扇風機やサーキュレーターで洗濯物を干している周辺の空気を循環させるという方法が有効です。

特に、部屋干しする際には、壁際や窓際に洗濯物を干すケースが多く、その周辺に湿気がこもりやすくなります。風を当てて空気を循環させてみると、予想以上に早く洗濯物が乾くはずです。

風を通しやすい干し方を工夫する

冬場に洗濯物を干す際には、洗濯物は間隔をあけて干したり、薄手のものと厚手のものを交互に並べて干したりするという工夫がオススメです。これにより、何も考えずに干すのと比較して、風通しが良くなり、効率的に乾かせるようになると言われています。

他にも「アーチ干し」と呼ばれる、丈の長い洗濯物を左右の外側に、短いものを内側に干していき、アーチのような形状になるように干すのも効果的と言われています。こういった工夫で、洗濯物の周りにこもった湿気が逃げやすくなり、洗濯物が早く乾きます。

生乾き臭対策

冬場の洗濯は、「なかなか乾かない…」という問題だけでなく、生乾き臭がついてしまう…と言う問題もあります。生乾き臭は、「しっかり洗うこと(=雑菌や汚れを残さない)」と「素早く乾かすこと(=雑菌を繁殖させない)」が重要と言われているのですが、冬場の洗濯ではなかなか難しいポイントもあります。
そこで、以下のような対策をとってみると良いでしょう。

除菌・抗菌機能のある洗剤

近年では、除菌・抗菌機能を謳った洗剤などが販売されており、これらは生乾き臭の発生を抑えるというのがキャッチコピーになっていますね。と言うのも、生乾き臭の原因は、衣類に残った汚れで繁殖する雑菌から出た排泄物が原因と言われているので、これを防げれば嫌な生乾き臭も防止できるという訳です。

洗濯物が乾きにくくなる時期は、こういった生乾き臭対策ができる洗剤を利用するのも良いのではないでしょうか。

脱水時間を延ばす

乾燥機などを使用しないのであれば、冬場に洗濯物が乾きにくいのは致し方ない面もあります。このような中で、嫌な臭いなども発生させないようにするには、そもそも乾燥させなければいけない水分量を減らしておくということも有効な対策になるでしょう。

最近の洗濯機は高機能化していますし、脱水時間をピンポイントで長くする設定なども可能です。したがって、厚手の洗濯物などは、脱水時間を長めに設定し、なるべく水分量を減らしてから干すというのも有効です。

まとめ

今回は、冬場の家事の問題になりやすい、洗濯物が乾かない…についてご紹介してきました。空気が乾燥する冬場は、洗濯物を乾かすには適していると考えてしまっていた方も多いかもしれませんね。しかしこの考えは大間違いで、気温が下がる冬場は、空気中に取り込める水分量がそもそも少ないことから、非常に洗濯物が乾きにくい季節になるのです。

今まで冬の洗濯で困ったいた…と言う方も多いと思いますので、この記事でご紹介した対策を試してみてはいかがでしょうか。

シェア!

(1 投票, 平均点: 5.00)