マイナンバーのお勉強

(未評価です。)
mynumber
この記事は約 3 分で読めます。

めんどくさくても放置できないマイナンバー

マイナンバーとは行政を効率化し国民の利便性を高め公平公正な社会を実現する社会基盤です。

何やら難しい言葉ですが、住民票を持つ全ての人1人に1つの番号が発行され、行政の効率化、国民の利便性を高める制度です。

かせじょなびマイナンバー特集

マイナンバーのお勉強

2016.04.12

副業・夜バイト、マイナンバー制度で会社にバレちゃうの?

2016.06.11

マイナンバーの目的

国民の利便性の向上

行政機関が管理する自分の個人情報を確認したり、書類の一括発行など、行政機関からの様々なサービスのお知らせを受け取ったりできます。

公平・公正な社会の実現

個人の所得や、そのたの他の行政サービスの受給状態が把握できるため、税負担を免れることや不正に給付を受けることを防止することで、本当に困った方に適切な支援を行うことができます。

行政の効率化

地方公共団体や行政機関での縦割りによる重複した情報の照合や取得がなくなり、機関外同士の間での業務の連携が進み、作業・申請の重複などの無駄が削減されます。

マイナンバーカードの使い道

身分証明はもちろん可能です。 その他にも確定申告などで住民基本台帳向け公的個人認証サービス電子証明書を利用している方も少なくなく、制度導入後はマイナンバーカードを使用できます。

マイナンバーの危険

行政サービスにおけるすべての個人情報が詰まっているため、紛失・漏洩などの際には、その情報を悪用される可能性も十分に考えられます。

まとめ

マイナンバー制度は忙しい人には上手に使えば便利なものです。 市役所などの行政サービスって必ず利用するものなのに仕事してる時間帯しか利用できない。 これは男女問わず、働く人は必ず思うことですが、サービス提供をする側の人も仕事ですので同じ時間になるわけで...腑に落ちたような落ちないような... しかし、これまで何箇所か何回かに分けていたものが一度で済むようになりますので、この制度を利用しない手はないでしょう。 納税に関しては基本的には勤務先が手続きをしてくれる場合が多く、特に何かをする必要はありませんが、副業をされていたり、フリーランスでの仕事には若干面倒かと思います。 安全面では、不安もまだまだ多く、親しい間柄の家族や知人・友人であっても安易に番号を教えたり、また人目のつくところに放置しないようにくれぐれも注意しましょう。

シェア!

(まだ評価されていません)