関西人と関東人で呼称がこんなに違う?言葉のまとめ

(未評価です。)
kansaikanto
この記事は約 5 分で読めます。

同じ意味を持つみんなの知っている言葉でも言い方が全然違う

関東と関西では、他の地域でもそうですが言葉が異なります。

イントネーションや発音は地域によって違うものですが、そもそも呼び方が異なる場合もあり、新天地に引っ越して何気なく使った言葉でまわりが『え?』となってしまう時も...

今回はそんな呼称の違いをまとめてみました。

美容院でのパーマ

パーマネントウエーブ (permanent wave) とは、毛髪に化学反応を用いて人工的な縮毛を形成する美容技術、もしくはそれによって得られる髪型のことである。略してパーマ (perm) と呼ばれることが多い。
ヘアーアイロンやヘアドライヤーで作る一時的なウェーブに対し、水に濡らしても「半永久的 (permanent) に形の崩れないウェーブ」という意味で生まれた用語。

wikipedia参照

parm

パーマを...

関西
パーマを...あてる
関東
パーマを...かける

アイロンも同じような言い方をするようです。

ごみ、いらないものを

dust

ごみを...

関西
ごみを...ほかす
関東
ごみを...すてる

マブタにできたアイツ、麦粒腫

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症。マイボーム腺にできるものを内麦粒腫、まつ毛の根もとにできるものを外麦粒腫という。主に黄色ブドウ球菌の感染を原因とし、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気。獣医学領域では老犬や馬に認められる。

wikipedia参照

mebatiko

朝起きたら...

関西
起きたらめばちこ出来ててん
関東
起きたらものもらい出来た
『めばちこ』と『ものもらい』、どちらも『麦粒腫』とよばれるまぶたのデキモノですがまったく呼び方がちがいます。

文房具屋さんも混乱?よく使う針

掲示物を壁面に固定する際などに使われる、金属・プラスチックなどの頭部に、鋭い針を取り付けた器具のこと。
プッシュピン(英: Push pin)、またはアメリカ英語でサムタック(英: Thumbtack)、イギリス英語でドローイングピン(英: Drawing pin)と呼ばれる。

wikipedia参照

gabyo

...でそれ貼っといてを?

関西
押しピンでそれ貼っといて
関東
画鋲でそれ貼っといて

テレビで見ましたが関東の文房具屋さんで『押しピンどこにありますか?』と聞くと『?』となるようです。

まだまだある呼称(関東⇔関西)の違い

  • 「なおす」と「しまう」
    整理整頓をするときに使います。
  • 「つまみ」と「あて」
    お酒の友としてかかせません。
  • 「鶏肉」と「かしわ」
    関西人は「かしわ」が定着してますが鶏肉でももちろん通じます。
  • 「鳥肌」と「さぶいぼ」
    これも有名な呼び方違い、寒気のするときにゾクっとするアレですね。
  • 「マック」と「マクド」
    関西人はなぜか意地でもマックとは言いません。

まとめ

mac

今回は関西と関東の言い方、呼び方の違いをまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

まだまだありますが、旅行で出かけたときや引っ越して新天地でという時に思わず話し相手が『?』になる言葉、言い換えたり説明したりで思わぬコミュニケーションが生まれるかもしれませんね。

シェア!

(まだ評価されていません)