2016年『土用の丑の日』っていつなの?

(未評価です。)
ungi
この記事は約 3 分で読めます。

そもそも『土用の丑の日』ってなんなの?

この時期になると夏を乗り越えるために『土用の丑の日』ひウナギを!ってよく聞くようになりますよね?昔からよく聞く話ですが、そもそも『土用の丑の日』って何?って方やなんでウナギを食べるのかって質問にスラスラ答えることの出来る人はあまりいないんじゃないでしょうか。 そこで今回は、よく聞く言葉だけど、あまり知られていない『土用の丑の日』についてご紹介します!

『土用の丑の日』の意味

『土用の丑の日』って実は、『土用』の『丑の日』という意味で、それぞれに意味がある言葉なんです。 まずは『土用』の意味ですが、これは、季節の変わり目である四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間の期間のことを指します。

そして『丑の日』はというと、十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のことです。十二支って実は方角や月、日にちを数えるときにも使われているんです。 つまり、『土用』の18日間のうち12日周期で割り当てられる「丑(うし)」の日が『土用の丑の日』と呼ばれることになったのです。感の良い人はお気づきかもしれませんが、年によっては『土用の丑の日』は1日とは限りません。去年は2日ありました。 今年の『土用の丑の日』っていつなのかと言うと「7月30日」です。

『丑の日』なのにウナギ食べるの?

『土用の丑の日』の意味は大体わかりましたね。では、なぜこの日にウナギを食べるの?って疑問についてですが、これは諸説あるのですが、一番有名なお話をご紹介します。

平賀源内説 商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。 出典:wikipedia

鰻屋さんが日本のダ・ヴィンチとも言われている平賀源内さんに相談した説が有力みたいですね。この頃は「丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」という習慣があったそうで、「ウナギ」もすんなりと受け入れられたそうです。

まとめ

『土用の丑の日』にウナギを食べるのは結局商売目的でしたね(笑)しかも、ウナギの旬が夏ではないと知ってショックを受けませんか?でも、実際にウナギは、ビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテや食欲減退防止に有効な食材なので是非、『土用の丑の日』にはウナギを食べてみてください! 最近では、夏以外の『土用丑の日』にもウナギを食べる習慣が定着するようにスーパーやコンビニが頑張っているそうですが、こちらはなかなかうまくいかないみたいですね。

シェア!

(まだ評価されていません)